持続化給付金を受けとった石川県内の中小業者・個人事業主が受けられる「石川県経営持続支援金」の受付が始まりました【9月30日まで・オンライン申請のスクリーンショットを載せました】

この記事は約6分で読めます。

新型コロナウイルスの第2波が心配されていますね。

なかなか仕事が例年通りやりにくい業種のみなさんも多いのではないでしょうか。

国や各自治体では中小業者・個人事業主を支援する制度がいろいろとできてきました。
メジャーで幅広く使える制度として国の「持続化給付金」が有名ですが、これの石川県版とも言える「石川県経営持続支援金」が本日から始まりました。

その名の通り、「持続化給付金を受けた石川県内の中小業者・個人事業主をさらに支援する」もので、ざっと見たところ手続きも簡略化されているようです。
郵送申請は随時受け付けられ、オンライン申請は7月3日からの開始となりました。

今回はこの支援金の概要と後半では実際にオンライン申請してみたので、スクリーンショットを掲載しておきます。

スポンサーリンク

石川県経営持続支援金の概要

新型コロナウイルス感染症の影響による厳しい経済環境の中、県内の中堅・中小企業及び個人事業主(フリーランス含む)の皆様の事業継続を後押しするため、国の持続化給付金を受給した事業者に対して、石川県経営持続支援金(以下「本支援金」という。)を速やかに給付します。

石川県経営持続支援金特設ページ

受けられる条件

①国の持続化給付金を受け取った中小業者・個人事業主

②確定申告の納税地が石川県内

③過去にこの支援金を受けていない(受けられるのは1度のみ)

受けられる金額

中小企業50万円、個人事業主20万円

申請期限・申請方法

2020年9月30日まで

郵送またはオンラインで申請

申請手続きに必要なもの

①「石川県経営持続支援金」の申請書

*一番下に紹介する特設ページからダウンロードできます。このほか、各市町の担当課で貰うことができます。

②国の持続化給付金の給付通知書の写し

*もし無くしたという方は、給付金申請をしたマイページの写しでも可能です。

③持続化給付金が入金された口座の写し

*持続化給付金申請と同じく表紙とその次の1・2ページ目を添付します。また、持続化給付金の振り込みが印字されているページ(「ジゾクカキュウフキン・・・」と記載があるところ)を添付します。

④本人確認書類の写し(個人事業主のみ)

基本的に持続化給付金の申請で使った口座や本人確認書類などが使えます。申請書もそれらの項目を書いていくだけなので、手続きとしては簡略化されている印象ですね。

オンライン申請してみた(スクリーンショット)

下記が支援金の特設ページになります。

石川県経営持続支援金のご案内

↑特設ページをずっと下に進むと、「オンライン申請はこちら」の項目がありますので、クリックして申請フォームに入ります。

↑最初は支援金を受け取るための宣誓と基本情報、振り込み先口座の入力です。

持続化給付金を申請した時の「申請番号」を入力するので、振り込みの通知書か申請マイページを準備しておきましょう。
合わせて振り込みを希望する口座の通帳などがあるとスムーズにできます。

最後にはメールアドレスも必要です。こちらは申請を提出した後に受付確認メールが届くのと何か不備があった時の連絡先のようですので、いつも確認するアドレスが良さそうです。

↑基本情報や振り込み先の入力が終わったら添付書類の送信です。
準備しておいた「持続化給付金振込通知書の写し(無ければ申請マイページのスクリーンショット)」「振り込みしてもらう通帳の1・2ページ目の写し」「持続化給付金の振り込みが印字されている口座ページの写し」「本人確認書類の写し(個人事業主のみ)」を添付します。

国の持続化給付金の給付通知書の送付先が石川県外の事業者の方(通知書が送られてきたのが県外だが、確定申告の納税地が石川県内の方)は最後に持続化給付金の申請にも使った資料を添付します。

そして一番下にある「送信」のボタンを押すと、確認画面に進みます。
個人情報の関係でお見せできませんが、基本情報や振込口座の情報、添付書類を確認して一番下の「送信」を押すと申請は終了です。

↑簡単ではありますが、申請受付のメールが登録したメールアドレスに届きました。
問い合わせや修正に使いそうなので、メールは大事に取っておきましょう。

【7月6日追記】おまけでzipファイルの作り方&写真の縮小の仕方

この間、申請についてのご相談を受けていて時々お聞きするのが添付する写真についての扱いです。

こういう申請フォームの場合、受け付けるサーバーの容量軽減のために、送れる写真のサイズが制限されていることがほとんどです。
そして今回の場合は複数ファイルを添付できない形式のため、zipという圧縮ファイル形式にして1つにまとめなければいけません。

ご存じの方も多いと思いますが、たまに質問をいただくのでやり方をまとめておきます。
(申し訳ないですが、自分が使っているWindows10の方法になります)

zip形式に圧縮する方法

↑まとめて圧縮したい写真ファイルがあるフォルダを開きます。できれば必要なファイルだけを1つのフォルダにまとめておくとやりやすいです。

↑圧縮するファイルを選択します。

↑選択した状態で右クリックして「送る」という項目を選択すると「圧縮(zip形式フォルダ)」というところがあるので、クリックします。

↑zip形式の圧縮ファイルが作られました。必要に応じて名前を変えてください。
後からファイルを追加したい場合には、この圧縮フォルダの中に追加するファイルをドラッグすればOKです。

ちなみに1つのファイルに圧縮しても、全体の写真容量はそこまで変わりません。
サイズを減らしたい場合は、次に紹介する写真サイズの縮小を事前にやっておきましょう。

写真の縮小の仕方(ペイント使用)

次に写真の縮小の仕方をご紹介します。
いろいろな方法があるのですが、今回はWindowsに標準的に付属している「ペイント」を使って行います。

↑縮小したい写真にカーソルを持っていき、右クリックします。「プログラムから開く」から「ペイント」を選んで押すと、ペイントが起動します。

↑写真がペイントで開きました。左上の方に「サイズ変更」と言う項目があるので押します。

↑サイズ変更を行う項目が開きます。開いている写真を「何分の1の大きさにしたい」という場合は「パーセント」、指定のサイズがある場合は「ピクセル」を使います。

今回のように添付できるサイズに縮小するのならパーセントの方が楽だと思います。
「縦横比を維持する」にチェックすると縦横が崩れないので、特別な意図が無ければチェックしておきます。

縮小が終わったら、左上の「ファイル」のところから「名前を付けて保存」または「上書き保存」をして終了です。

☆今までの作品をポートフォリオサイトにまとめています☆

☆お仕事の依頼・ご相談は下記のホームページより☆

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

↑にほんブログ村に参加しています。クリックで応援よろしくお願いします☆

タイトルとURLをコピーしました