壁のようにも見える紫陽花が満開の倶利伽羅不動寺に行ってきました。

この記事は約1分で読めます。

以前から紫陽花がキレイな場所と聞いていましたが、なかなか行けていなかった倶利伽羅不動寺の方に行ってきました。

倶利伽羅不動寺と言えば、山頂にある「本堂」とやや市街地側にある「鳳凰殿」が中心となっています。本堂方面はゴールデンウイーク前後に見られる八重桜が有名で、開花時期には桜まつりも行われています。

今回の紫陽花が有名なのは鳳凰殿側で、お堂の下にある斜面にまとまって植えられた紫陽花が有名になっています。

急斜面に紫陽花が密集して植えられているので、駐車場の方から撮影するとまるで花の壁のようにも見えます。

花の色も程よく変化が見られるので、色鮮やかさが目を引きます。

お堂に続く道にも紫陽花は植えられています。紫陽花に囲まれながらお堂に向かえるのは風情がありますね。

お堂の方では小規模ですが、水紫陽花(水に紫陽花を浮かべたもの)も準備いただいていました。

高野山真言宗 別格本山 倶利迦羅不動寺(くりからふどうじ) 公式サイト
倶利迦羅不動寺

model:ayako(Instagram)    rina(Instagram)

☆今までの作品をポートフォリオサイトにまとめています☆

☆撮影のご依頼・写真教室は下記のホームページより☆

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

↑にほんブログ村に参加しています。クリックで応援よろしくお願いします☆

タイトルとURLをコピーしました