出張撮影カメラマンが石川県内の写真映えするカフェ8つをおススメします。

この記事は約10分で読めます。

出張撮影の仕事をしているといろいろとお世話になるのが、カフェです。
空き時間に休憩したり、天気が悪くなった時の避難場所だったり、はたまた撮影場所として使わせていただいたり。

今日はそんな中でも写真を撮っていても楽しく、写真映えするおススメするカフェを8つほどご紹介したいと思います。


*写真を撮る際は他のお客様の迷惑にならないように注意してください。お店の方にも一声かけるのをお忘れなく。

スポンサーリンク

cafeひよこまめ(金沢市)

金沢市内を見渡せる卯辰山(うたつやま)にオープンした見晴らしがおススメのカフェ。
1階がカフェスペース、2階はイベントや展示会に使えるスペースになっています。

卯辰山は四季折々の花や動物が楽しめる自然豊かな公園として、北陸周辺からも多くの人が訪れます。
歴史公園100選・夜景100選に選ばれるほど見晴らしもよく、朝日や夕日・夜景は見ごたえがあり、ひよこまめさんのすぐ横の「見晴らし台」からの眺めは格別です。

Redirecting...

金沢市末広町18-2
TEL: 076-252-8300
11:00〜18:00
木曜定休

HIMITO(金沢市)

金沢市の中心部・犀川のほとりにある小さなギャラリー&カフェです。
特徴的なのが天井から吊り下げられたタンポポの綿毛のオブジェ。
ライトアップと相まって、訪れる人を幻想的な雰囲気に導きます。

「ピールアート」という野菜や果物などの皮を使ったアートを制作するオーナーさんが運営しているので、タンポポの他にも個性的なオブジェが並んでいます。
作品作りや研修のために長期間店がお休みなこともありますので、行く前に電話確認されるのをおススメします。

金沢市中川除町51
電話:076-224-3730
不定休(事前に電話確認がおススメです)

純喫茶ローレンス(金沢市)

金沢市中心部の片町で50年を超えて愛される純喫茶の名店。
西洋のお城の中かと思うような重厚でレトロな雰囲気は、時の流れをそのまま残しているかのようです。
(使える写真がなくてすみません。ぜひ検索してみてください)

金沢が生んだ直木賞作家・五木寛之さんも足繫く通ったお店だそうで、直木賞受賞の一報を受けたのもこのお店でだと言われています。

純喫茶は全国的にも少なくなってきていて、金沢でも残っている店は少なくなっているので、これからも残り続けてほしいところです。

金沢市片町2-8-18ファミリアビル3階
電話: 076-231-1007
営業時間:14:00~19:00 (時間は変動するため、要連絡)
不定休

こまつ町家文庫(小松市)

小松駅からすぐそばの商店街にある町家を改修した古本カフェです。

世界の名作文学のタイトルになぞらえて命名したというジャム「世界文学ジャム全集シリーズ」も各種イベントやオンライン販売で有名です。

入り口からすぐそばにそれらのジャムが並べられた棚と吹き抜けの天井から吊り下げられたガラスアートが1つの撮影スポットです。
また2階には古本が置いてある部屋もあり、読書を楽しんだり撮影もできます。

ドリンクメニューやスイーツ、また予約がおススメですがランチメニューもあり、かなり充実しています。
小松駅周辺の散策の休憩に立ち寄るのにもってこいのお店です。

石川県小松市の古本カフェ | こまつ町家文庫
石川県小松市の「こまつ町家文庫」は素敵な本と巡り合える古本カフェです。こだわりのドリンク・スイーツをご用意。自家製ジャムも販売(オンライン対応)。日常を離れて、穏やかなひとときを過ごせるお店です。

小松市八日市町46
【営業時間】11:00~18:00
【定休日】日・月・火曜(不定休あり)

TAKIGAHARA CAFE (小松市)

小松市の山間部、良質な石の産出地として知られる滝ケ原にできたカフェ。
里山を利用して農業を行ったり、セミナーやワークショップなども開かれています。

カフェは木で作られたオシャレな内装の中に、アーティスティックな絵画が描かれた壁があります。地元で作られたそば粉を使ったガレットが有名なほか、地元産の野菜や果物をふんだんに使ったメニューが人気です。

TAKIGAHARA FARM
2016年、石川県小松市滝ケ原町の古民家を改修し誕生したTAKIGAHRA FARM。TAKIGAHARA CAFE、TAKIGAHARA HOUSEも加わり、美しい自然の中で、農的生活を探求します。

滝ケ原周辺は石の産地ということもあり、今では貴重な石の橋やかつての採石場の跡なども見ることができます。
写真を撮る場所としてもおススメなので、カフェに行った際には立ち寄ってみると面白いと思います。

小松市滝ヶ原町タ-2
営業日時:金・土・日・月/10:30-18:00

東山ボヌール(加賀市)

加賀市の有名温泉地・山中温泉街の入り口に立つレトロな雰囲気のカフェ。
山中温泉横の渓流は「鶴仙渓(かくせんけい)」と呼ばれる名所で、そこにかかる黒谷橋近くにあります。

1階が主にカフェ&雑貨スペース、2階はカフェ&ギャラリースペースになります。

おススメなのが2階のカフェカウンターから見る外の風景で、初夏は新緑、秋の紅葉、冬の雪景色といろいろな眺めが楽しめます。

東山ボヌール 山中温泉
山中温泉の鶴仙渓入口に佇む森の中のカフェです。ボヌールはフランス語で「幸せの時間」を意味します。静かに流れる森の時間をお楽しみください。 メニューは、人気のビーフシチューセットや森のケーキ、生搾りジュース、しあわせビールなど。

東山ボヌールから鶴仙渓を上流に向かう道は遊歩道が整備され、あやとり橋・こおろぎ橋という特徴的な形の橋もおススメです。

渓流沿いの写真を撮ったり、温泉街を散策したついでにカフェで休憩と言うのもいいと思います。

加賀市山中温泉東町1丁目ホ19-1
電話:0761-78-3765
9時~17時 木曜定休

海とオルゴール(七尾市)

能登の七尾湾に浮かぶ能登島にあるカフェ。
すぐ目の前が海という絶好の立地で、運が良ければイルカにも出会えるそうです。

近くにはのとじま水族館やガラス工房などもあるので、家族やカップルで楽しんだ後に休憩に立ち寄るのも良さそうです。

海とオルゴール
能登島イルカにあえるカフェ

七尾市能登島曲町2部乙2-7
営業時間:[3月~11月] 9:00~17:00/[11月~2月] 10:30~16:00
休業日:不定休
電話:0767-84-0533

しおカフェ(珠洲市)

石川県能登半島の最北部にある珠洲市の海沿いにあるカフェ。
輪島市~珠洲市にかけての日本海沿いは昔ながらの塩づくりが有名で、塩を使ったカフェメニューも人気です。

近くには世界農業遺産として有名な千枚田や夕日の名所として知られる窓岩などもあり、海岸線全体が夕日の名所として人気です。

ぜひ海沿いの風景を写真に収める途中に立ち寄ってみてはどうでしょうか。

11月におススメの奥能登の撮影スポットをご紹介します【平等寺・窓岩・白米千枚田】
11月に入り、北陸地方の紅葉が遅い地域でも色づきが徐々に進んできました。 先日は仕事で行った関係で能登半島の奥能登の方をいくつか回ってきましたので、ご紹介します。なんとか11月いっぱいから12月上旬まで楽しめると思います。 目次 1 平等寺

珠洲市片岩町ノ部12番
電話: 0768-87-2111
営業時間:10:30am~19:00pm(Lo18:30)
     ※冬季変更あり
定 休 日:毎週水曜 
     但し祝日の場合営業あり


*読書におススメな金沢周辺のカフェも読書ブログでまとめてます↓

読書好きフォトグラファーがおススメする金沢のオシャレで落ち着けるブックカフェ8つ

※このほか、金沢や石川県内の古民家カフェを探す際に役立つ本が発売されました。上で紹介したお店もいくつか載っています。

↓出張撮影・写真教室のご依頼・ご相談はこちら

↓これまで撮影した作品集はこちら

↓ブログ村のランキングに参加しています。下記のバナーをクリックして応援お願いします。

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村
タイトルとURLをコピーしました