北陸工芸の祭典 「GO FOR KOGEI 2021」を見に小松市の那谷寺に行ってきました。

この記事は約1分で読めます。

秋ですね。

秋晴れの気持ちいい日と秋雨が交互にやってくる北陸の秋です。

秋にはいろいろな修飾語が付きますが、「芸術の秋」ということで北陸3県では「GO FOR KOGEI 2021」という展示が寺院などで行われています。

石川県では小松市にある那谷寺の方で特別展が行われていると言うことで見に行ってみました。

特別拝観エリアになっている『書院』にはたくさんの展示品が置かれています。

和室の落ち着いた造りの中に調和するように作品が展示されていました。

こちらはこれから紅葉が楽しみなエリアでもあるので、庭を眺めながら作品を見ていくのもなかなか風流です。

この書院から庭を抜けて歩くと、ひっそりとたたずむ茶室『如是庵』があります。

こちらに展示されている不思議な作品がこちら。

作品や和室の中に人が入ってもなぜかしっくり調和するのが不思議です。

石川県3大紅葉スポットの1つにもなっている那谷寺の紅葉は、11月中旬ごろの見込みです。

今は少しだけ黄色い部分が出てきた程度ですがこれから楽しみですね。

北陸工芸の祭典 GO FOR KOGEI
GO FOR KOGEI 2021 は、富山、石川、福井の北陸3県を舞台に繰り広げられる、北陸工芸の祭典です。「工芸の時代、新しい日常」をテーマに、“現代アート化する工芸”と“デザイン化する工芸”を、高岡、金沢、小松、越前で同時開催する2つので展開すると ともに、北陸の工芸産地をリアルとオンラインでプロ...

model:suzu(Instagram)

↓出張撮影・写真教室のご依頼・ご相談はこちら

↓これまで撮影した作品集はこちら

↓ブログ村のランキングに参加しています。下記のバナーをクリックして応援お願いします。

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村
タイトルとURLをコピーしました