今年も撮りたい☆石川県のおすすめ桜撮影スポット6選

気がつけばすでに3月ですね。北陸の長かった(?)冬も終わりあとわずかで春になろうとしています。

やはり春と言えば桜&花見(もちろん撮影もしますけど)ということで、石川県内のほとんどの桜スポットを回った(と思う)私がおススメする桜撮影スポット6か所をご紹介します。

ド定番からちょっと渋いスポットまでありますので、良かったら参考にしてみてください。記事の最後には地図とそのほかのおススメスポットも少し載せますのでチェックしてもらえればと思います。

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)

おすすめスポット6選(定番順)

兼六園&金沢城(金沢市)

 

定番度 ★★★★★

おすすめポイント  街なかにあり、観光の方も行きやすい。ライトアップの時期は
          かなりおすすめ

見ごろ 4月上旬~中旬

日本三名園の1つとして知られる金沢を代表する観光スポットです。よって昼間やライトアップ期間中ははかなり混みあいます。ゆっくり散策したい方は早朝の開園時間や閉園直前をおススメします。ライトアップ中は開始直後であれば少し空いているかもしれませんが、それでも混みあうのはご了承ください。

兼六園、金沢城ともたくさんの木があり、かなり画になりますが、個人的に好きなのは金沢城と桜のライトアップをからめて撮る構図です。また写真のように、ライトアップ時には城沿いのお堀に桜が写りこむので幻想的です。お堀周辺はカメラマンでかなり混みあうので譲り合って気持ちよく撮影しましょう。

卯辰山公園(金沢市)

定番度 ★★★★★

おすすめポイント  公園全体に桜がありいろんな場所で楽しめる。平地より1週間
ほど開花が遅いので、時期をずらして楽しめる。
          

見ごろ 4月中旬~下旬

卯辰山=うたつやまと読み、金沢城から見て東(卯辰)の方角にあることから名づけられたそうです。史跡が多く、「日本歴史公園100選」に選ばれた金沢市民に親しまれている公園です。
自然がとても豊かで桜や菖蒲、ツツジ、薔薇などの花、貴重な野鳥や熊、リスも撮影できます。

だいたい公園内のどこに行っても桜が咲いていますが、個人的におすすめするのは「400年の森」(写真上)と「奥卯辰山健民公園」(下)です。
400年の森は山の中腹にかなりの数の桜の木が植えられていて、例えるなら桃源郷(見たことないけどw)のような空間です。
奥卯辰山は桜に囲まれた池が事務所棟の横にあり、水面に写りこんだ桜がとても美しいです。また散った後の花びらが池に溜まり、その上を住人の白鳥(コロちゃん)が泳いでいく現象=花いかだが知る人ぞ知る素晴らしさです。

卯辰山には何か所かに無料の駐車場がありますが、お花見シーズンはかなり混みあいます。シーズン中は早朝に撮影に行くか、路線バスやひがし茶屋街あたりから徒歩で行く方が無難かもしれません。

能登鹿島駅(穴水町)

定番度 ★★★★

おすすめポイント  両方のホームから伸びた桜が作る「桜のトンネル」          

見ごろ 4月上旬~下旬


能登鹿島駅は能登半島の穴水町にある、のと鉄道七尾線の駅の1つです。
ホームから伸びた桜が作るトンネルが有名で、「能登さくら駅」という素敵なネーミングで呼ばれています。

だいたい30分に1本くらいのペースで列車が通りますので、時刻表を見ながら桜のトンネルと 列車をからめて撮るのがおススメです。あと、桜の期間中にはホームの下で特産品やお団子の販売なんかもやっているので、撮影の待ち時間に花見もいいですよ。

唯一難点なのが、主要な行き方が車となってしまううえに駐車スペースがほとんどないのでとても混みあうことです。日程に余裕があれば七尾駅や穴水駅から列車に乗って移動するという手もありそうです。

犀川河川敷(金沢市)

定番度 ★★★

おすすめポイント   金沢中心部から近くファミリーで行きやすい
天気が良ければ桜と雪山を同時に撮れる
          

見ごろ 4月上旬~中旬

金沢市の中心部を流れる犀川沿いにはあちこちに桜並木があります。
買い物に行ったついでや他のスポットを回りながら、桜を楽しめるのもいいですね。

個人的は少し上流に行った、いしかわ子ども交流センターのあたりが雪山と桜並木を一緒に撮れるのでおススメです。川沿いに広い芝生もあり、すぐ横に桜並木があるのでファミリーでゆっくり過ごしながら撮影するのもいいと思います。
すぐ近くに大きな無料駐車場がありますが、花見シーズンだと少し混むかもしれません。

十二が滝(小松市)

定番度 ★★

おすすめポイント  12本に分かれた滝と桜のコラボ
          

見ごろ 4月上旬~中旬

小松市の山あいにある滝。12本の筋が流れていることから名づけられ、別名「ミニナイアガラ」と呼ばれています。
桜の木が滝を取り囲むようにあるので、満開の桜の中に滝をうまく入れるとかなりいい構図になります。

下手をしたら地元の方もあまり知らないようなスポットですが、全国的に有名な那谷寺や知る人ぞ知る「苔の里」も近くにあり、個人的には今一番の激アツスポットです。

太陽が丘ニュータウン(金沢市)

定番度 ★★

おすすめポイント  石川県では少ない桜と菜の花のコラボ
          

見ごろ 4月上旬~中旬

金沢有数の住宅地・太陽が丘ニュータウンと北陸大学のあたりに広がる桜並木です。
石川県ではあまりない桜と菜の花を一緒に撮影できます。

太陽が丘と言えば秋のメタセコイア並木の紅葉が有名ですが、菜の花畑が広い範囲に広がっているところでもあります。

その他のおすすめスポット

芦城公園(小松市) 定番度 ★★★★

小松市の中心にある公園で、このあたりの桜スポットとしては最も有名です。
見ごろは4月上旬。ライトアップも行われます。

小丸山公園(七尾市) 定番度 ★★★★

七尾市の高台にある公園で、七尾周辺の桜スポットとして有名です。
見ごろは4月中旬。

主計町茶屋街(金沢市) 定番度 ★★★★

金沢の代表的観光スポット・ひがし茶屋街の近くにあります。浅野川沿いにある
桜並木と古い町並みがよく似合います。夜はライトアップされているのでおススメ
です。見ごろは4月上旬。

阿岸本誓寺(輪島市) 定番度 ★

輪島市(旧門前町)にあるかなり渋めの茅葺きのお寺です。石川県指定の天然記
念物・アギシコギクザクラ(菊桜の一種)があり、知る人ぞ知るスポットです。
見ごろは4月末から5月中旬。

このようにいくつか定番も含めて桜スポットを紹介してきました。
かなりの部分で個人的好みが入ってますので、渋いスポットやマイナーなスポットも含まれていますが参考になればうれしいです。

石川県内の桜スポットについては、「きまっし金沢のホームページ」 がかなり参考になりますので、一度ご覧になってはいかがでしょうか?

最後に、今回ご紹介したスポットやほかのおすすめスポットをまとめたマップを載せておきますので、参考になさってください。

☆ブログランキングサイト「にほんブログ村」さん&「人気ブログランキング」さんに参加しています☆

下のリンクを1日1クリックしていただけるとうれしいです


にほんブログ村

☆これまでの作品は一部こちらのサイトで販売しています☆

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)
レクタングル広告(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする