歌舞伎の町・小松のお旅まつりに行ってきました。14日が最終日です☆

5月12日から14日にかけて石川県内でも注目のお祭り、お旅まつりが歌舞伎の町として有名な小松市で行われています。

今日は着物での撮影の仕事もありましたので、仕事もこなしつつ合間にお祭りの方を撮影してきました。

お祭り期間中には小松駅前のあたりを中心に、町内をこういったお神輿や後ほど写真を載せますが、獅子舞などが走り回っています。

特に今年は「こまつカメラ部」などでお世話になっているこまつ町家文庫さんなどがある龍助町が子ども歌舞伎を演じたりする当番町の役目をされていたので、町家文庫さんに立ち寄ったりしながら町内で撮影をしていました。

引き続きこまつ町屋文庫さんで写真展(こまつカメラ部主催)をやっています(25日まで)
今月11日より小松市の「こまつ町家文庫」さんの2階にて開催中の写真展(こまつカメラ部主催)を今週も引き続いてやっております。 南加賀を中心に、石川県内で撮影された 10数名のメンバーによる作品が...

そして!

やはり見どころと言えば、各町会の曳山が勢ぞろいする「曳揃え」とお子さんたちによる「子ども歌舞伎」でしょうか?

残念ながら雨天予報だったために、雨に弱い曳山のことを考慮して午前中の方は行われませんでしたが、15時から夜にかけて行われるものを撮影してきました。

このように全町会の曳山が一気に並ぶ姿はなかなか壮観なものがあります。

15時前には細工町交差点の方に集合して、子ども歌舞伎の開園を待ちます。

当番町の中から選ばれた数人のお子さんが子ども歌舞伎を演じます。

写真は龍助町の他にも当番町をつとめられている中町のお子さんたちの歌舞伎の様子です。

聞くところによると、1年近く前から祭りに向けて準備と稽古をされているそうで、本物の役者さんかと思うような堂々とした態度と言い回しに驚かされました。

そして個人的に撮ってて楽しかったのが、町内を練り歩いている獅子舞の舞いでした。

各お店やお宅を回って舞いを披露されるのでかなり大変だと思いますが、躍動感のある素晴らしい動きを見せていただきました。

舞いの後に健康を願ってお子さんの頭をかんであげるのはどこの地方も一緒なんですかね?

数年ぶりのお旅まつりではありましたが、壮観な曳山の曳揃えや子ども歌舞伎はもちろん、各町会を回っている獅子舞なども楽しませていただきました。

祭りの方は明日14日が最終日なので、お時間のある方はぜひどうぞ。

詳細などは 祭りホームページ をチェックしてください。

☆ブログランキングサイト「にほんブログ村」さん&「人気ブログランキング」さんに参加しています☆

下のリンクを1日1クリックしていただけるとうれしいです


にほんブログ村

☆これまでの作品は一部こちらのサイトで販売しています☆

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)
レクタングル広告(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)