小松方面の桜もほぼ満開に近くなってきました

この記事は約2分で読めます。

昨日は金沢を抜け出して小松方面へ桜の撮影に行きました。

知り合いのカメラマンに新しいスポットも教えてもらったので、そちらの下見も兼ねてです。

白山市美川地区の手取川そばの桜並木。

あまり車の通行量も無く、訪れる人も地元の人が中心という前評判でしたが、そのとおりでした。

見応えのある並木道でしたが、見物している人はぽつぽつという快適スポットでしたね。結構トンネルのようになっていましたし、車もほとんど通らないのでポートレート撮影にはかなり良さそうでした。

続いては小松の山間部にある十二が滝。

小松十二が滝と桜

十二本に分かれて落ちる滝が特徴的な場所ですが、この時期は桜とのコラボレーションが見事です。

滝を囲むようにいい位置に桜があるのも嬉しいところですね。

こちらはけっこう有名な桜スポットなので、駐車場には多くの車が停まっていました。

菜の花とのコラボレーションが見られる鵜川古代桜(上)、5月ごろのシャガの花が有名な遊泉寺銅山跡にも寄ってみました。

どこも桜はほぼ満開になっていますね。

遊泉寺の方ではシャガの花は例年だとゴールデンウイークすぎが見ごろなのですが、もうすでに数輪が咲き始めていました。今年は全体的に花の開花が早いのでしょうか?

最後に、今回ご紹介したほかのおすすめスポットをまとめたマップを載せておきますので、参考になさってください。

☆今までの作品をポートフォリオサイトにまとめています☆

☆撮影のご依頼・写真教室は下記のホームページより☆

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

↑にほんブログ村に参加しています。クリックで応援よろしくお願いします☆

タイトルとURLをコピーしました