金沢ゆかりの落語家・桂まん我さんの寄席「落語聴いてみよっさ」が6月と8月に小松市で行われます

少し前よりご縁で寄席のお手伝いや撮影などをさせていただいている落語家・桂まん我さんが6月と8月に小松市中心部の「こまつ曳山交流館みよっさ」にて初めての寄席をすることになりました。
お時間があればぜひお越しください。

桂まん我さんは人間国宝の桂米朝さんのひ孫弟子にあたり、落語に登場する人たちの人間臭さや人情を表現するのが得意な落語家さんです。
実は金沢大学の出身で(僕の遠い先輩です)、金沢にとてもゆかりがあるということで金沢21世紀美術館などで寄席もされています。

今回は新しく石川県内で寄席をさせていただけるところを探したところ、歌舞伎の町・小松市のみよっささんをお借りできることになりました。
この歌舞伎の町で歌舞伎や浄瑠璃にまつわるお話しをされるということでかなり面白い寄席になりそうです。

☆桂まん我の「落語聴いてみよっさ」☆

6月23日(金)、8月21日(月)いずれも夜7時(会場は6時半から)

こまつ曳山交流館みよっさ(石川県小松市八日市町72-3)

前売2000円、当日2500円、通し券(手ぬぐい付き)4000円

問い合わせ・詳細は 桂まん我オフィシャルページ まで

☆ブログランキングサイト「にほんブログ村」さん&「人気ブログランキング」さんに参加しています☆

下のリンクを1日1クリックしていただけるとうれしいです


にほんブログ村


写真ランキング

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)
レクタングル広告(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)