海に沈む美しい夕日☆石川県のおススメ夕日スポット8か所

夕日が沈む海を見ながらホッとひと息・・・・
仕事を終えた帰り道に、ちょっと海でゆっくりするのが好きな僕です。

県の西側に海岸線が続く石川県は、県内のあちこちに夕日スポットがあるため「夕日マニア」にはたまらない場所になっています。

そんなわけで、県内のいろんな場所を回って撮影した中から個人的におススメの夕日スポット8か所を写真付きでご紹介します。

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)

高松海岸(かほく市)

金沢から能登半島をつなぐ「のと里山海道」の高松サービスエリアの下に広がる砂浜海岸です。
以前は能登有料道路として有料区間だったところが無料化され、アクセスがしやすくなったのに加えて、ある理由からもしかしたら今、県内で最も注目されている夕日スポットかもしれません。

その理由が上の2枚のように、波が比較的穏やかな日には潮だまりや水の薄い膜ができやすく、空を反射するリフレクションが見られることです。
僕自身も今一番注目しているポイントです。

のと里山海道を通る際の休憩はもちろん、サービスエリアからいったん降りて周辺の駐車場に停めて歩くと海岸はすぐですので、観光のついでだけでなく夕日狙いにちょっと行ってみるのもおススメです☆

大乗寺丘陵公園

金沢市内から周辺の町までを一望できる開けた公園で、最近人気を集めています。
市内からもアクセスしやすいので、お仕事帰りに夕日を見に行くこともできます。

また、春は梅や桜、ツツジ、夏はアジサイや菖蒲、秋は紅葉、冬は雪景色と四季それぞれで花なども楽しめるので1日のどの時間帯に行っても楽しい場所です。もちろん夜景スポットとしても有名です。

駐車場は何か所かにありますが、冬季期間は18時、普段でも19時に閉鎖されますのでその点は注意が必要です。

白米千枚田(輪島市)

能登半島の先端・輪島市にある石川県内でも有数の観光スポットです。
斜面に沿って海まで続く棚田が見事です(実際は2000枚以上の棚田があるみたいですが、千枚田です)

夕日を狙いに行くなら、田植え前に水が貼られる4月ごろが一番おススメの季節です。夕日が棚田に反射して千枚田全体がオレンジ色に輝く姿が見られます。

農閑期(10月から3月)には「あぜのきらめき」というライトアップイベントもやっており、1年を通して賑わう場所です。
千枚田の上に道の駅があるので、そこに駐車できるほか観光客が多い時期には臨時駐車場も作られるのでアクセスはしやすいスポットです。

千里浜なぎさドライブウェイ(宝達志水町~羽咋市)

「日本で車が走れる唯一の砂浜道路」ということで有名な能登半島中部の海岸です。
実際に標識などもあり、車と言っても観光バスや自転車、バイクも通ります。

砂がとても固く締まっているので、海のそばに車を停めて海を眺めていても大丈夫です。

ただ近年少しずつ砂浜が減少しているのと、日本海側特有の天候の悪さもあって波が高い日は立ち入りが禁止されるので、事前に情報をご確認ください。

卯辰山見晴らし台(金沢市)

金沢市中心部のすぐそばにある卯辰山全域が公園として整備されていて、市内を眺められるスポットがあちこちにあります。おそらく一番有名なのが「望湖台(ぼうこだい)」というスポットですが、個人的に金沢城や兼六園も見ることができるこの見晴らし台が好きです。

見晴らし台からはすぐ下に見える金沢城や兼六園を挟んで、遠くの日本海に沈む夕日を見ることができます。

近くに無料の駐車場が何台かあるので、車でのアクセスはしやすい一方、バスの便数が少ないので観光で訪れる方はタクシーを使う必要があります。

機具岩(志賀町)

機具岩=はたごいわ と読みます。
2つの巨大の岩を縄でつないだ姿はどこか雄大さを感じさせます。

夜間のライトアップが行われている時期もあり、暗闇の中に突然機具岩が浮かび上がるのもなかなか見ごたえがあります。

近くには松本清張作品で有名になった「ヤセの断崖」や奇岩が並ぶ「巌門」のほか、特徴的な岩が並ぶ海岸線もありますので、合わせて観光すると見ごたえがあります。

河北潟放水路(内灘町)

金沢市北部から津幡町、かほく市、内灘町に広がる河北潟の海への出口です。

この辺り釣り人の人気スポットとなっていて、夕日と釣り人という構図で夕方の風景を撮るのもカッコいいかもしれません。

もちろん河北潟そのものや周辺の田園風景と夕日という撮り方もかなり素敵な1枚となりそうです。

犀鶴林道(金沢市~白山市)

金沢市を流れる犀川(さいがわ)から白山市鶴来地区(獅子吼)方面をつなぐ林道です。

有名なスポットではないのと、すれ違いが難しい箇所もある林道を車で行く必要があるので、時々カメラマンが訪れる程度ですが展望はなかなかのものです。

県内南部を流れる手取川が日本海に流れ込む様子や加賀百万石を支えた水田地帯を一緒に写すことができるので、機会がありましたら訪れてみてください。




最後に、今回ご紹介したスポットやほかのおすすめスポットをまとめたマップを載せておきますので、参考になさってください。

☆今までの作品を下記ギャラリーにまとめました。一部は販売もしておりますのでご覧ください☆

☆ブログランキングサイト「にほんブログ村」さん&「人気ブログランキング」さんに参加しています☆

下のリンクを1日1クリックしていただけるとうれしいです


にほんブログ村


写真ランキング

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)
レクタングル広告(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする